サッカー小僧 奮戦記 〜体験参加〜


浦和レッズ大好き!オヤジのたくりんポンです。

念願かなってというか何と言うか、ようやく上の子も「サッカーをやりたいっ」という気持ちが芽生えてきました。さて、近所のサッカーチームの中で比較的、初心者も多いサッカーチームはどうだろう、ということで、嫁さんがママ友達から情報を集めました。

「○○チームがいいらしいわよ」ということで、聞けば週末の土日に体験参加が出来るとのことです。実際に参加してみて、上の子にマッチするかどうか、本人が大丈夫、やっていけると感じるかどうか、参加してみました。それにしても、ママさんコミュニティの力はすごいですねぇ〜。

たまたま同じ日に数人のママ友達同士が子どもを連れて、体験入部(っていうんですかね?)に参加したのです。まぁ、レベル的には似たりよったりか、というメンバーで体験しました。上の子にとっては、課外授業というか、授業の体育以外では本格的に体を動かすのは初めてのことです。はたして、どうなることやら。オヤジとして心配していたことは、体力とか運動神経ではなく、上の子の“性格”だったんです。以前に嫁さんが撮影した幼稚園のサッカー大会を見たのですが、ボールの近くにはいかない...足も速いのに、何故って思ってました。それはそれは本当に歯がゆくなるほどです。

さて、体験参加の練習では最後にミニゲームをやりました。過度な期待は子どもに負担を強いるからいけないんでしょうけど、やはり目立って欲しいなぁ、なんて親の欲目でしょうね。まぁ、ガツガツはいかないけど、それなりにボールは追いかけるし、蹴るし、カットするし...でも、近くにチームメイトがいたり、相手と対峙したらいたら譲ったり、なんていうシーンもありました。やはり、オヤジの心配した“性格”がでてしまいます。それでも、明らかに幼稚園のときに比べると「違うな」という雰囲気は感じることができました。

参加したメンバーや同学年で既に所属していたメンバーにも比較的めぐまれたのかな、とも思います。ずば抜けて上手いという子はいなかったんです。あまりにもレベルに差があり過ぎると萎縮したり、諦めに近い感情がでてきたかもしれません。ただ、そういう子がいなかった。勿怪の幸いというべきか何と言うか...

もともとは、体力作りやチームワークなんてものを身に付けることができればいいか、程度に考えていたこともあり、帰宅してから子どもの感じたことを聞いてみたんです。

「どう、サッカー面白かった?また、やってみたいかい?」
「うん、サッカー面白かった。またやりたいっ」

やったね!!!大いに興味をもってくれたようです。次の日曜日にも体験参加しました。最後に親子サッカーなんてあったりして。オヤジも堪能しましたよ。2日間の体験を通じて、週末のサッカーが大きな楽しみになったようでした。オヤジも楽しみ!親子サッカーなんて、毎週あるわけでもないのに...


■たまの休みに子どもと一緒に汗を流すのもいいですよね!アスレチックフィールドなんかも、結構さがしました。

<検索例>

「○○県○○市 フィールドアスレチック」
「○○県○○市 公園 無料」
「○○県○○市 週末 子ども 遊ぶ」
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。