サッカー小僧 奮戦記 〜きっかけは友だちの一言A〜


浦和レッズ大好き!オヤジのたくりんポンです。

前にお話した上のお兄ちゃんですが、そんなこんなで結局は幼稚園のときにはサッカーには目もくれませんでした。遊びではやっていましたけど。

幼稚園でも年長さんになると、運動の得意な子や気が強い子はサッカーやらせても中心選手になるんですよね。当たり前と言えばそれまでですけど。そんな中でウチのお兄ちゃんみたいにおとなしい子は、ボールに触れることもままならない。嫁さんが撮影した幼稚園で行われたサッカー大会のビデオを見たんですが、やっぱりボールの近くには映っていない...残念!話は変わりますが、お兄ちゃんは左利きなんです。俗説かもしれませんが、左利きの人は芸術肌と聞いたことがあります。確かに絵を描くこととか好きだったし、手先も器用だと思いました。「そういう方面の力を伸ばしてあげよう」なんて思っていたんです。そのうちに好きなスポーツもみつかるだろう、と。でも、心の中では「小さい頃からスポーツやらないかな。」なんてね。

さて、幼稚園も無事に卒園し、4月からは小学校です。卒園後の春休みは、少し長いんですよね。うちのマンションって棟が3つあり、各棟には公園があるんです。幼稚園から帰ってきたら、その公園で遊ぶなんてのが定着しているんですけど、春休みの間は、けっこう遊んでいたらしいです。なぜか、サッカーをして。

幼稚園サッカーチームでも5人くらい上手な子がいて、その中で仲良くしている子に言われたそうです。

「なかなかうまいじゃん」

この一言がきっかけで、小学校に入学してから近所のサッカーチームに所属するようになったんです。自分が肌で感じたサッカーの上手な子の何気ない一言がお兄ちゃんをサッカーへと目覚めさせてくれました。よっぽど嬉しかったんでしょう。自分から「サッカーやりたい」なんて。オヤジも嬉しかった〜。

ウチの近所には幾つかチームがあるんですが、まぁ、幼稚園でもやってなかったし、体力作りでいいかなぁ、なんてことでどちらかというと初心者向けのチームを選びました。実は、オヤジも小学生の頃にサッカーをやっていまして、ホントに嬉しかったんです。チームにコーチはいるものの、休みの日とかどうやって教えようかな、一緒にサッカーしようかな、なんて。今は、昔の練習方法とか通用しないかなとか、新しい技術とか勉強しないといけないかな、とか。


■こんなこともネットで検索しました。


<検索例>
「サッカー 初心者 練習」
「小学生 サッカー 指導」
「サッカー 練習方法」
「サッカー 上達」
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。