サッカー小僧 奮戦記 〜親子サッカー〜


浦和レッズ大好き!オヤジのたくりんポンです。


上の子がサッカーを本格的にはじめて少し経った頃、新しく入った子どもとその親、そして以前から入団している子どもとその親の親睦を深めるための「親子サッカー」イベントがありました。親子サッカーといっても、練習をいつもより早めに切り上げて、子どもVS親でサッカーをして楽しんだあと、近所の公民館で一杯飲みましょう、ってなもんです。


上の子が所属しているサッカーチームは1・2年生、3・4年生、5・6年生がそれぞれC、B、Aチームに分かれており、親は自由参加です。オヤジの参加はそれほど、なかったかなぁ?5人程度でした。あとで聞いたら、あまりオヤジは来ないそうです。子どもが走り回っているのを見るのは好きじゃないのかしら?まあ、仕事がある人もいるんでしょうけどね。母親は、学年ごとに係りが決まっていて、毎回顔出す人が多いんですけどね。でも、中には子どもだけ練習に参加させてほったらかしという親もいるみたいです。そういう親の子どもに限って、トラブルメーカー的な要素をもっているみたいで、う〜ん、困ったもんですね。コーチたちも手を焼く子もいるみたいです。言うこと聞かない、みたいな。


たくりんポンも少しはサッカーをかじっていたので、親子サッカーは楽しみにしています。自分で体を動かすのもそうですけど、やっぱり子どもの一挙手一投足に目が奪われます。


そうこうして、ある程度チームとして全体が馴染んできた頃に初めての対外試合がやってきます。最初は、○○杯とか、そんなものではなくて、他チームとの練習試合ですね。初めての対外試合で、2〜3試合やるんですけど、試合の合間にコーチ連中が色々と声をかけてくるんです。「コーチやりませんか?」って。その頃には、ある程度は顔見知りになっているので、気軽に話しはするんですけどね。まあ、そのときには、笑顔で考えておきます、というありふれたお返事などして。


その後、数週間経ってから親子サッカー ⇒ 親睦会がありました。親子サッカーには参加したのですが、親睦会は都合が悪かったのでパスしました。


次の週末に、子どもを練習に連れていったら、「あれ、○○さん、サッカーのユニフォーーム着ているなぁ?」そう、コーチになっていました。どうやら、親睦会のときに要請されたようです。○○さんは、上の子と同じ学年で入団したもの同じ時期でした。今も続けています。



■話は変りますけど、コーチングでご存知ですか?たくりんポンは企業相手の研修機関で働いていたので、2〜3年前くらいにはけっこうなブームでした。


<検索例>

「コーチング 資格」
「コーチング マネジメント」
「コーチング 教える」
「コーチング 理論と実践」

サッカー小僧 奮戦記 〜スパイクが安い!〜


浦和レッズ大好き!オヤジのたくりんポンです。


さてさて、ウェアサッカー専用のものを買いました。上の子はいたく気に入ったようで、週末の練習を以前にも増して楽しみにするようになりました。シューズも運動靴ではなく、トレーニングシューズだし。嫁さんは「形」から入るのが好きなので、ご満悦です。まぁ、外見だけは確かにサッカー選手だな〜。ちょっと線が細いけど。


あとは“力”をつけるだけです。所属しているサッカーチームの練習が終わったあとも、子どもにせがまれると、近所のグラウンド(車で10分くらい)に行って、一緒にボールを蹴っていました。さすがに40を過ぎたオヤジには、いっぺんに2人の子ども(お兄ちゃんが行く、と言えば下の子は必ずついてくるので)を相手にするのは、しんどいです。でも、少々(?)腹が出始めたオヤジにはちょうどいいダイエットだったかな?結果は出ませんでしたが f(^_^;)


トレーニングシューズは、学校に行くときも週末のサッカーのときも、ず〜っと履いてました。学校のときは、たまに違う靴も履いていったようですが。とにかく、「サッカー」のときはトレーニングシューズですので、傷み具合も結構なもんです。上の子は、モノを大事にする性格というか、丁寧に使うんです。おかげで、下の子にも良い状態でまわせるんですけどね。


そんなときに、イトーヨーカ堂を中心とした(で、いいのかな?)ショッピングモールに家族で出かけたのです。ステラとかアリオとかです。そこで、たまたまナイキサッカーシューズを見つけたんです。バーゲンだったのかなぁ、定価は幾らだったか忘れましたが、¥2,000ぐらいだったんです。   これ ↓





ついでに、

ステラタウン
アリオ


なんか、オヤジの方がドキドキでした。「うわ〜、安い」って。早速、上の子に履かせて、サイズを合わせました。お兄ちゃんも気に入った様子。嫁さんも「安いわねぇ〜」とその場で購入。特にサッカーシューズを買いに行ったわけでもないのですが、なぜか子どものものばかり。でも、サッカーシューズはめっけもんだと、そのときは思っていたんです...



■サッカーシューズもバーゲンとかを利用して安く買いたいですよね。

<検索例>
「サッカーシューズ ジュニア 激安」
「スポーツ用品 バーゲン」
「サッカー用品 バーゲン 子ども用」
「サッカー用品 激安 ジュニア」

サッカー小僧 奮戦記 〜次はウェアか?〜


浦和レッズ大好き!オヤジのたくりんポンです。

ほんっと、最近のシューズはかっこいいですよね。サッカー専用のトレーニングシューズもあるとは...さて、シューズを買ったら、次はウェアか?となるわけです。やっぱり幼稚園で着ていたジャージではねぇ。

ということで、スポーツショップへレッツゴー!時期は4月、まあパンツはゲーム用のパンツでもOKだけど、半袖のゲームシャツは少々寒いかな?って感じでした。練習で動けば厚くなるんでしょうけどね。練習は週末の土日なので、2着必要かな?かっこいいのがあればいいんだけど、などなど考えつつ、サッカー用品の売り場へ到着。けっこう、いい値段ですな〜。オヤジのシャツより高そうだ。さてさて、どれがいいかな?と物色していたら、目に飛び込んでくる長袖のゲームシャツがありました。

色は真っ赤で、胸の部分に「PUMA」のロゴがでっかく入っております。上の子も「かっこいい〜!」なんてたって、浦和レッズの赤ですもんね。かっこいいハズです。上の子は一目で気に入ったようです。アディダス派のオヤジとしては「う〜ん」と唸ってしまいました。確かに、見た目はいいんだけど、プーマかぁ、なんてね。

取り敢えず、上の子が気に入ったゲームシャツもその種類しかなかったし、そんなに慌てて次から次と買わなくてもいいだろう、ということで結局1枚だけ購入しました。

ゲームシャツの素材も、普通のシャツとちがって何かやわらかいな〜、って感心してしまいました。吸汗性が高いんでしょうね。昔のユニフォームとか、普通のシャツの素材と変わらなかったけどなー。


■一応、ネットでも調べたんですけど、アディダスに固執しなければいいのかな?

<検索例>

「サッカー ゲームシャツ ジュニア」
「サッカー シャツ ジュニア 激安」
「サッカー ユニフォーム ジュニア」
「サッカー ジュニア用ウェア」   

サッカー小僧 奮戦記 〜シューズを買わなきゃ!〜


浦和レッズ大好き!オヤジのたくりんポンです。

さて、お兄ちゃんもいよいよサッカーを始めることと相成りました。体験参加のときは、一緒に参加した子ども全員が幼稚園で着用していたジャージでした。ま、最初から気張ることはないですしね。というか、サッカー専用のジャージもなかったわけでして。靴もです。嫁さんの趣味というか、「カワイイのを履かせたい!」ということでミキハウスやらコムサやら、男親にとっては「?」の世界です。でもサッカーやるんなら、アディダスとかナイキですよね〜。

時期的に小学校の入学式も控えているし、ここは新しい靴を買わなきゃ!

入学式用に子ども用のスーツは買ってありました。あとは、革靴だなぁ、なんて思っていたのですが、ちょっと路線変更です。どうせ革靴は色が黒だし、サッカー用にシューズも買わなくちゃいけないし、入学式の会場は屋内だし、それならサッカー用のシューズで色が黒ならいいんじゃない?学校が始まってからも履いていけるしね。革靴だったら履く機会が無いよ〜。ということで、決定です。

オヤジのたくりんポンが子どもの時分には、サッカー用のシューズといえばスパイクだけだったのですが、あっ、もちろんトレーニング用のシューズはありましたよ。ただし、サッカー用とか野球用とかセグメントされたものではなくて、スポーツ全般用みたいなヤツですけど。

ところが、今は色々あるんですねぇ!サッカー専用のトレーニングシューズが!靴底は真っ平らじゃなくて、突起状で滑り止めになっちるとか。かわりましたね〜!で、一応はスーツに合わせるので、色は黒にしました。それで買ったのがコチラ ↓ 








どうですか?オヤジも気に入ったんですけど、お兄ちゃんも喜んでました。いや〜、オヤジの方が子どもより嬉しかったりして。大規模ショッピングモールのスポーツショップで購入しました。次はウェアか〜!?実はオヤジのたくりんポンはサッカー用品はアディダス派なんです。あなたは「何」派ですか?


★その通り!アディダスが一番よ★


★何いっての?ナイキでしょ!★


★いやだなぁ、プーマに決まってるじゃん★


★通はアンブロだよ★


★ロットを忘れてもらっちゃ困るな〜★



■もちろんネットでも調べましたよ。

<検索例>

「アディダス ジュニア サッカー シューズ」
「アディダス ジュニア サッカー 激安」
「アディダス サッカー バーゲン」
「アディダス サッカー セール」
「アディダス サッカー トレーニングシューズ」
「アディダス サッカー 子ども用」

サッカー小僧 奮戦記 〜体験参加〜


浦和レッズ大好き!オヤジのたくりんポンです。

念願かなってというか何と言うか、ようやく上の子も「サッカーをやりたいっ」という気持ちが芽生えてきました。さて、近所のサッカーチームの中で比較的、初心者も多いサッカーチームはどうだろう、ということで、嫁さんがママ友達から情報を集めました。

「○○チームがいいらしいわよ」ということで、聞けば週末の土日に体験参加が出来るとのことです。実際に参加してみて、上の子にマッチするかどうか、本人が大丈夫、やっていけると感じるかどうか、参加してみました。それにしても、ママさんコミュニティの力はすごいですねぇ〜。

たまたま同じ日に数人のママ友達同士が子どもを連れて、体験入部(っていうんですかね?)に参加したのです。まぁ、レベル的には似たりよったりか、というメンバーで体験しました。上の子にとっては、課外授業というか、授業の体育以外では本格的に体を動かすのは初めてのことです。はたして、どうなることやら。オヤジとして心配していたことは、体力とか運動神経ではなく、上の子の“性格”だったんです。以前に嫁さんが撮影した幼稚園のサッカー大会を見たのですが、ボールの近くにはいかない...足も速いのに、何故って思ってました。それはそれは本当に歯がゆくなるほどです。

さて、体験参加の練習では最後にミニゲームをやりました。過度な期待は子どもに負担を強いるからいけないんでしょうけど、やはり目立って欲しいなぁ、なんて親の欲目でしょうね。まぁ、ガツガツはいかないけど、それなりにボールは追いかけるし、蹴るし、カットするし...でも、近くにチームメイトがいたり、相手と対峙したらいたら譲ったり、なんていうシーンもありました。やはり、オヤジの心配した“性格”がでてしまいます。それでも、明らかに幼稚園のときに比べると「違うな」という雰囲気は感じることができました。

参加したメンバーや同学年で既に所属していたメンバーにも比較的めぐまれたのかな、とも思います。ずば抜けて上手いという子はいなかったんです。あまりにもレベルに差があり過ぎると萎縮したり、諦めに近い感情がでてきたかもしれません。ただ、そういう子がいなかった。勿怪の幸いというべきか何と言うか...

もともとは、体力作りやチームワークなんてものを身に付けることができればいいか、程度に考えていたこともあり、帰宅してから子どもの感じたことを聞いてみたんです。

「どう、サッカー面白かった?また、やってみたいかい?」
「うん、サッカー面白かった。またやりたいっ」

やったね!!!大いに興味をもってくれたようです。次の日曜日にも体験参加しました。最後に親子サッカーなんてあったりして。オヤジも堪能しましたよ。2日間の体験を通じて、週末のサッカーが大きな楽しみになったようでした。オヤジも楽しみ!親子サッカーなんて、毎週あるわけでもないのに...


■たまの休みに子どもと一緒に汗を流すのもいいですよね!アスレチックフィールドなんかも、結構さがしました。

<検索例>

「○○県○○市 フィールドアスレチック」
「○○県○○市 公園 無料」
「○○県○○市 週末 子ども 遊ぶ」

サッカー小僧 奮戦記 〜きっかけは友だちの一言A〜


浦和レッズ大好き!オヤジのたくりんポンです。

前にお話した上のお兄ちゃんですが、そんなこんなで結局は幼稚園のときにはサッカーには目もくれませんでした。遊びではやっていましたけど。

幼稚園でも年長さんになると、運動の得意な子や気が強い子はサッカーやらせても中心選手になるんですよね。当たり前と言えばそれまでですけど。そんな中でウチのお兄ちゃんみたいにおとなしい子は、ボールに触れることもままならない。嫁さんが撮影した幼稚園で行われたサッカー大会のビデオを見たんですが、やっぱりボールの近くには映っていない...残念!話は変わりますが、お兄ちゃんは左利きなんです。俗説かもしれませんが、左利きの人は芸術肌と聞いたことがあります。確かに絵を描くこととか好きだったし、手先も器用だと思いました。「そういう方面の力を伸ばしてあげよう」なんて思っていたんです。そのうちに好きなスポーツもみつかるだろう、と。でも、心の中では「小さい頃からスポーツやらないかな。」なんてね。

さて、幼稚園も無事に卒園し、4月からは小学校です。卒園後の春休みは、少し長いんですよね。うちのマンションって棟が3つあり、各棟には公園があるんです。幼稚園から帰ってきたら、その公園で遊ぶなんてのが定着しているんですけど、春休みの間は、けっこう遊んでいたらしいです。なぜか、サッカーをして。

幼稚園サッカーチームでも5人くらい上手な子がいて、その中で仲良くしている子に言われたそうです。

「なかなかうまいじゃん」

この一言がきっかけで、小学校に入学してから近所のサッカーチームに所属するようになったんです。自分が肌で感じたサッカーの上手な子の何気ない一言がお兄ちゃんをサッカーへと目覚めさせてくれました。よっぽど嬉しかったんでしょう。自分から「サッカーやりたい」なんて。オヤジも嬉しかった〜。

ウチの近所には幾つかチームがあるんですが、まぁ、幼稚園でもやってなかったし、体力作りでいいかなぁ、なんてことでどちらかというと初心者向けのチームを選びました。実は、オヤジも小学生の頃にサッカーをやっていまして、ホントに嬉しかったんです。チームにコーチはいるものの、休みの日とかどうやって教えようかな、一緒にサッカーしようかな、なんて。今は、昔の練習方法とか通用しないかなとか、新しい技術とか勉強しないといけないかな、とか。


■こんなこともネットで検索しました。


<検索例>
「サッカー 初心者 練習」
「小学生 サッカー 指導」
「サッカー 練習方法」
「サッカー 上達」

サッカー小僧 奮戦記 〜きっかけは友だちの一言@〜


浦和レッズ大好き!オヤジのたくりんポンです。

上のお兄ちゃんがサッカーをはじめたきっかけ...
それは、友だちの何気ない一言からはじまりまったのです。

「なかなかうまいじゃん」

この一言がきっかけで上のお兄ちゃんはサッカーをはじめたんです。ちょうど、小学校にあがる前のことでした。上の子が通っていた幼稚園(今、下の子が同じ幼稚園の年長さんです)では、年長のクラスを対象に、課外授業でサッカーがあるんです。男の子、女の子を問わずにほとんどの子が体力作りを目的に参加します。毎年、参加しないのは2〜3人かな?上の子も不参加組の一人だったんです。

上手・下手はともかく、オヤジとしては、「体を動かす」ことをさせたかったんです。基礎的な体力もつけさせたっかたし、団体競技をさせることでチームワークとかも身に付けさせたかったし、闘争心というか、「負けないぞ」っていう気概ももたせたかったし...

でも、結局は参加しなかったんですね。嫁さんには、「無理強いしてもしょうがないよ。お兄ちゃんにはお兄ちゃんのキャラクターがあるし、自分でやりたいものを見つけたら、自然とそのことにハマルんだよ。もう少し長い目で見てあげよう。」

でも、本当はオヤジもスポーツさせたかった。何故、どうしてウチの子はスポーツしないんだろう?外で遊ぶのも、あまり好きじゃないようだし。土日は外に連れって行って一緒に遊んでいるし。オヤジの接し方が悪いのかな?もっと一緒に遊ばないとダメなのかな?

「どうして幼稚園でサッカーしないの?」
「だって汗かくの、いやなんだもん。」

( ̄◇ ̄;)まっ、マジ?  愕然としました。

こんな言い方は変かもしれませんが、上の子は運動音痴ではないんです。走るのは短距離も長距離も早いし、幼稚園の行事で縄跳び大会みたいなのもあるんですが、上位だし。確かに、小さいときからおとなしい子だったんです。同じマンションに、嫁さんの母親学級のときから仲良くしてもらってるお母さん友だちが5〜6人いるんですけど、小さいときから公園デビューして友だち同士で遊ばせても、やっぱりおとなしい...嫁さんも「大丈夫かな〜?」って、いつもボヤいてました。オヤジの住んでいるマンションはけっこう大きくて、800世帯くらいあるんですね。しかも一次取得者が多いらしくて、家族構成は大体同じようなもんです。そんだけ多けりゃ、ウチの子と同じような性格の子どもはいるだろう、なんて思ってましたが、嫁さんの話を聞く限りでは、一番おとなしいのか...
(次号に続く。。。なんてね。)


■当時は、けっこうネットで調べてました。

<検索例>
「子ども 接し方」
「子ども 伸ばす」
「子ども 遊ぶ」
「子ども 育てる」
「子ども コミュニケーション」
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。